新築を考えたときに木の家に決めてよかった

新築を作る時に、心に決めていたことがありました。新築というのは、一生のうちに一回作れるか作れないかという感じですね。そのため、自分が希望する新築住宅にしたいと思っていたのです。

そんな時、長年考えてやっと作れると思ったときに自分の希望を入れることにしました。それは、なんといっても木の注文住宅です。木というのは、昔から新築を作るならそれがいいと理想に感じていた家です。そして自分の新築の場合も、注文住宅として木の家を選ぶ事ができました。

その注文住宅の良いところについてご紹介します。

・木の香りが良い

新築を作るときに、木の香りについて以前からとても好きなので期待をしていました。アロマの香りとしても、よく木の香りを買うほどだったのです。そのアロマをかんじることができる新築というのは、最高ではないでしょうか。

その注文住宅として、木をふんだんに使ってもらっているのでそこに入ると、香りが違います。以前に友人の注文住宅の家に行った時に、そのことを感じたのです。それは、木の香りがして私もそんな住宅を持ちたいと思ったんですね。そして自分の家も。同じ木の香りがする家とすることができて、本当に満足しています。

家に帰ると、玄関から癒されます。香りがいいので、ほっとすることができるのです。その香りを嗅ぐことにより、やっぱり自分の家が一番いいなと思ったりしています。

・木の家は温かみがある

コンクリートの家の場合は、なんとなく冷たい感じがすることがありませんか?そのことを思ったので、木の家は全く違うと感じることができます。

ホテルに宿泊するよりも、断然旅館がいいと思うのはそんな木の暖かさを感じることができるからなんです。お風呂も木を使って作られていると、とても気持ちが安らぎますね。そのことを、自分の家でも思うことがあります。

キッチン、リビング、寝室に木を使って作られている場所を見たときにいいなと思うことができます。しかも、その木は耐久性があるし、汚れが目立たないのでその点でも大きなメリットを感じることができました。木というのは、そんな目で見ても楽しめるし、五感で感じることができるメリットがあると思っています。

コンクリートの家にしている人は、それなりに満足できることもあるでしょう。しかし私の場合は、毎日暮らす家として、そこに温かみや木の安らぎを感じながら暮らしたいと思っているので、自分の決断は正しいと強く思うことができています。

早く帰りたいと思える家は、大満足です。

お家の見直ししま専科 健康マニアによる無病ライフ 女性向けエステ.com マッサージのリアル口コミ.com 住宅リフォーム相互リンク集 英語上達の秘訣 英語上達の秘訣2 ダイエットチャレンジ マイホームと家族