住宅ローンの審査基準など

マイホームを建築する際に、坪単価を調べることや、耐震基準について調べたり、火災保険を検討することも大事でありますが、まずは、住宅ローンを銀行に借り入れする際に、借入する金額ですとか、銀行から借り入れした額に対する返済の利率のシュミレーション等もある程度自分自身でしておく必要があります。耐震や、火災保険、坪単価を交えた住宅ローンがどれ位の借入額になるのかというのを把握しなければなりません。

例えば、3000万円を3%の金利で借りますと、一回目の返済シュミレーションは、3000万×0.03/12=7万5000円の利息がかかります。このように計算していきますと、利息は30年で約1553万円、総支払額は、4553万円になります。また、利息は借りている期間に応じて膨らみますので、逆に返済期間を短くしますと、総返済額は少なくて済みますが、返済期間が長くなりますと、総支払額も膨らみます。住宅ローンの借り入れの際に審査で特に見られる項目としましては、仕事の安定性において特に見られることとなります。会社の規模や、公共性の高い仕事をしていればそれだけ融資の額も増えますし、優遇をしてもらいやすくなる傾向があります。また、住宅ローンにつきましては、住むための住宅の購入であれば、基本的にはどんな物件でも利用できます。中古の物件や、新築の物件等も対象になります。まず、把握しておきたい、ローンの手続きの流れは、欲しい物件が見つかりましたら、購入の申し込みを行うと同時に、金融機関に、ローンの事前審査の申し込みを行います。実際に審査されるポイントとしましては、返済比率は、年収に占めるローン返済額の割合です。返済比率には上限が設けられておりまして、過半数の金融機関で、25~35%以内と定められております。また、属性については、信用旅行を得るための内容としまして、年齢、年収、勤務先、勤続年数、家族構成を重視して見られる形となります。判断材料には欠かせない情報となります。大企業に勤めるサラリーマンや公務員等が、属性が良いと判断される傾向にあります。正社員として働いておりましても、転職経験が多かったりして勤続年数が少ない状態ですと、収入の安定性が疑われて審査が厳しくなりがちです。一般的に審査を通過するには、勤続3年以上が目安となります。