新築は工務店と家族で地鎮祭を

自分の土地があるのでそこに家を建てるということはとても珍しいことではなく当たり前に行われることではあるのですがその土地を清めるというような形で地鎮祭という儀式をすることがあります。この地鎮祭ですが要するに神道の宗教ということになりますので神社にお願いするということが一般的です。そして、新築を建てるときなどに行うということが多いわけですが当然別に義務でも何でもないです。やってもよいですし、やらなくても良いです。やるのであれば工務店の人なんかも一緒に来て拝んでもらうみたいなことをすることが多いです。工務店側のほうがむしろ、こうしたことが気にするということがあるんで工務店側からやりますかというようなことを聞かれることも多いです。そして、依頼するところも地元の工務店などであれば色々と伝手ももっているでしょうからそこからお願いするということが多かったりもします。新築の時には地鎮祭をするということは多いわけです。では、リフォームなどをするときにもそういうことをするのかということになりますと大半はしない事が多いでしょう。あくまでリフォームのときには既に家が建っているということになりますので特にそういうことをしなくても気にしないという人が圧倒的に多いです。また、今の家を壊して新しく建てるというような時でも元々自分の土地だったのであればやはり地鎮祭というのはやったということでもうそこから新しくもう1回やるというようなことはほとんどないです。家族がそうしたことをしたいというのであればやったほうがよいことはあります。それこそ別に家小さいしたいやる義務があるわけではないのですがやはり家族がそういうことを気にするタイプなのであればやった方が良いです。その家族の心の安定のために行うというようなことになるでしょうが、それ自体は悪いことではないです。多少コストがかかってしまう、ということではありますがそれでも新築の家を新しく購入した土地で、ということであればやったほうがよいでしょう。今現在、建っているところのリフォームで、ということになりますとそれは必要ない、ということになります。本当に自由に決めてよいことではありますが、とにかくコストがかかることでもありますから、その点をよく踏まえておきましょう。なんとなく気になる、ということがそれなりに自分の心の中にあるのであればやってみるというのもよいでしょう。