地鎮祭は家族みんなで参加しましょう

新築を建てるときから建てた後まで、工務店にはお世話になります。

新築を建てるときにまず行うことが地鎮祭です。

地鎮祭を行わないこともありますが、土地の神さまにその土地を利用する許可を得ることと、無事に新築が建つことを祈って行います。

日程は歴注の中の十二直をもとにして決めます。冠婚葬祭では大安や先勝など六曜をもとに日程を決めることが一般的ですが、建築の場合は十二直をもとにすることが多いです。十二直では、建、成 、納、開などがよい日とされています。

日程に関しては工務店と相談して決めるとよいでしょう。

当日は神主さんを招いて儀式を行ってもらいます。家を建てる土地の四隅に青竹を立て、祭壇を用意してお供え物をします。お供えものをするための祭壇や三方などは、工務店や神社側で用意してくれることが多いのですが、お酒、野菜、果物、魚、塩などのお供え物は施主側で用意をします。

また、神主さんへの謝礼として初穂料または玉串料を納めます。相場は2~3万円ほどで、のし袋に入れて渡します。のし袋には、「初穂料」「玉串料」「御神饌料」などと書きます。

地鎮祭では工事関係者に謝礼金を手渡す必要はありません。

儀式の後に宴会が催されることもあります。宴会を行う場合は食事の手配が必要です。

その他、近所へのあいさつをする際に手渡す粗品も必要です。1つあたり2000円ほどが相場です。

地鎮祭が終わったら着工に移ります。そして、無事に完成してら引き渡しとなります。

家が完成したら工務店とのかかわりがなくなってしまうのではなく、その後も工務店にはお世話になります。

家族が長く暮らしていると、子べやが大きくなる、親が高齢になる、怪我をするなど、家族に変化が現れてきます。こういった家族の変化に対応するためにリフォームが必要です。たとえば、段差をなくす、手すりをつける、間仕切りを作るなどです。

工務店ではリフォームも行っていて、その家を建ててくれた工務店だからこそ、安心して任せることができます。

工務店は地域に密着している特長があり、何かあったときにすぐに対応をしてくれることが多いです。リフォームの際も丁寧に対応をしてくれることでしょう。

ただし、忙しい時期には待たされてしまうことがあります。 また、家に不具合が出たときのメンテナンスも工務店に依頼ができます。定期検査をしてくれる工務店もあるので、新築を建てる際や引き渡しの際に確認しておきましょう