地下室のある家

マイホームをどのような形で購入するのかは人によって違うわけですが、私の場合は地下室が欲しいということがありましたので新築の家を注文住宅で作るということにしました。どうしてわざわざ注文住宅にするのかということなのですがそもそもを求める住宅機能、つまりこの場合は地下室のある新築の家というのがほとんどないからです。日本の家ではどうしても地下室というのはそんなに一般的な設備ではないので探しにくいということがありましたので、マイホームは注文住宅でということにしました。地下室を作るというのはそれほど技術としては難しいわけではないのですがとにかく湿気がたまりやすくなってしまうというのが困るのでその辺りの住宅機能を高めるということに終始しました。マイホームは色々と折角ならば拘りたいと思うのは当然であり、私の場合は新築の家でこれが結構、上手くいきました。地下室はしっかりと有効活用していますから正解となりました。