家を建てるなら注文住宅と決めていました。

家を持ちたい、何が何でもマイホームは欲しいと意識したのは、30代になってすぐのことでした。幼少期は戸建て生活をしていましたが、二十歳で家を出てからは、賃貸アパート暮らしで、結婚後も賃貸生活でしたので、家への憧れが強くなってきました。家を建てるばらな、新築注文住宅の家が良いと思いましたが、新築注文住宅となると、自分の稼ぎだけでは難しいのかな?と思った事もありましたが、やはり、どうせ家を建てるばらな新築の注文住宅が良いと言う思いが強くなり、親の援助もありながら、自分の夢だった戸建ての注文住宅を建てる準備に入りました。

口コミ等で人気だった注文住宅を専門としている工務店さんを尋ねて、詳しい話を聞いているうちに、そちらにお願いして家を建てたいと思いました。

階段をつける位置や窓の数など、基本的なことを丁寧に教えてくれて、標準的なマイホームから、少し斬新なマイホームまでモデルを見せてくれて、大変分りやすかったです。

斬新なデザインの家にも魅力的でしたが、オーソドックスな飽きの来ない家を建てることが出来ました。